Private Internet Access(PIA)の最新レビュー!ノーログポリシーを貫く匿名VPN

Private Inernet Access(PIA)ってどんなサービス?

設立国アメリカ合衆国
設立日2010年
キルスイッチ
ログポリシーノーログポリシー有
利用可能な最大端末数10台
返金ポリシー30日間

PIAはアメリカ合衆国に拠点をおくVPNサービスで世界74ヶ国12,000台を超えるサーバーで運用されています。ファイブアイズの中心国で運営されていながら優れたサービスを提供し続けています。

アメリカ合衆国に拠点を置いている事からプライバシーについて心配する方が多くいらっしゃいますが、厳格で信頼できるログポリシーである事が知られています。

キルスイッチやDNSリーク対策は勿論の事、高度な暗号化やSOCKS5との互換性、IKEv2を除くすべてのプロトコルに対応しています。

通信速度は必要十分な速度で多くの方にとって許容範囲内です。

PIA(Private Internet Access)の登録方法からソフトウェアのインストール・使い方を徹底解説

PIAの利用料金と支払い方法は?

利用プラン

利用プラン料金月あたりの料金
1か月1086円1086円
1年4359円363円
2年7632円294円
PIAの料金プラン

支払い方法は2年契約が一番お得です。

支払い方法

PIAは以下の4つの支払い方法に対応しています。

  • クレジットカード(Visa/MasterCard/Amex/Discover)
  • Amazon Pay
  • PayPal
  • 暗号通貨(Bitcon/BitconCash/Zcash/Ethereum/Litecoin/bitpay)
  • mint

PIAは30日間の返金保証があります。また多数の暗号通貨に対応しています。

PIAは匿名性に優れている?

PIAはVPNサービスの中でも特に匿名性に優れています。

PIAのログポリシー

アメリカにはログの保持義務がありますが、これはサービスプロバイダーのようなパブリックなネットワークに対する義務です。

そこを逆手に取りPIAは「プライベートなネットワークで運営されているPIAはログの保持義務がない」という法的解釈で通しており、実際にログを保持せず召喚状や裁判所命令を含む、いかなる状況においても一切応じていません。

事実、PIAは法廷で実際にログを保持していない事が証明されています。

匿名VPNのノーログポリシーは信用できるか

暗号通貨を受け付けている

PIAは支払い方法のひとつに暗号通貨を受け付けています。

匿名性を気にする方は暗号通貨での支払いをおすすめします。

PIAはスマートフォンでも使える?

もちろん使えます。

iPhoneはもちろん、Androidでも専用の使いやすいアプリケーションを提供しています。

PIA(Private Internet Access)の登録方法からソフトウェアのインストール・使い方を徹底解説

PIAの評価

PIAは法廷でログを開示しない事が証明された数少ないVPNサービスです。

使いやすいVPNソフトウェアも非常に優秀です。高機能かつシンプルで分かりやすいVPNソフトウェアはPIAの他には見つかりません。

30日間の返金保証がありますので高い匿名性を求める方はPIAを気軽に試す事ができます。

PIAの特徴・メリット
  • 個人を特定できる情報を記録しないログポリシーがある
  • ログポリシーは法廷で証明済み
  • 暗号通貨での支払いを受け付けている
  • キルスイッチを備えたVPNクライアントを提供してる
  • DNSリーク対策済み
  • 10台まで接続できる
  • P2Pに対応した高速ネットワーク
  • 30日間の返金保証
PIA(Private Internet Access)の登録方法からソフトウェアのインストール・使い方を徹底解説
TRY NOW
  • 法廷で実証されたノーログポリシー!
  • 高い匿名性と使いやすさに定評があります!

30日間返金保証 公式HPはこちら

リンク先:https://jpn.privateinternetaccess.com/

お試し自由!30日間の返金保証があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です