レビュー

匿名性の高いVPNサービス「Private Internet Access(PIA)」レビュー

Private Inernet Access(PIA)ってどんなサービス?

設立国 アメリカ合衆国
設立日 2010年
キルスイッチ  
ログポリシー ノーログポリシー
利用可能な最大端末数 5台
返金ポリシー 7日間

PIAはアメリカ合衆国に拠点をおくVPNサービスで世界25ヶ国3,000台のサーバーで運用されています。ファイブアイズの中心国でありながら優れたサービスを提供し続けています。

アメリカ合衆国に拠点を置いている事からプライバシーについて心配する方が多くいらっしゃいますが、厳格で信頼できるログポリシーである事が知られています。

キルスイッチやDNSリーク対策は勿論の事、高度な暗号化やSOCKS5との互換性、IKEv2を除くすべてのプロトコルに対応しています。

通信速度は必要十分な速度で多くの方にとって許容範囲内です。

PIAの利用料金と支払い方法は?

利用プラン

利用プラン 料金 月あたりの料金
1か月 9.95ドル 9.95ドル
6ヶ月 35.95ドル 5.99ドル
1年 39.95ドル 3.33ドル

支払い方法は1年契約が一番お得です。

支払い方法

PIAは以下の4つの支払い方法に対応しています。

対応している支払い方法
  1. クレジットカード(Visa/MasterCard/Amex/Discover/JCB)
  2. Amazon Pay
  3. PayPal
  4. 暗号通貨(Bitcon/BitconCash/Zcash/Ethereum/Litecoin/bitpay)
  5. mint
  6. BEAM

PIAは7日間の返金保証があります。また多数の暗号通貨に対応しています。

PIAは匿名性に優れている?

PIAはVPNサービスの中でも特に匿名性に優れています。

PIAのログポリシー

PIAは利用者のプライベートなデータを追跡や収集、共有しません。

PIAは次のような利用者を特定できるログの収集を行わない事を明記しています。

PIAが収集しないログ
  1. トラフィック
  2. セッション
  3. DNSクエリ
  4. IPアドレス

これらの情報が第3者に渡ることはありません。

このようなログポリシーはどのVPNサービス事業でも掲げていますがPIAは法廷で実際にログを保持していない事が証明されています。

匿名化を徹底したい方にお伝えするログポリシーと諜報活動匿名性を謳うVPNサービスのWEBサイトを閲覧すると「ログは一切取得しない」というノーログポリシーを見る事ができます。 果たしてそ...

PIAのログポリシーは法廷で証明済み

暗号通貨を受け付けている

PIAは支払い方法のひとつに暗号通貨を受け付けています。

匿名性を気にする方は暗号通貨での支払いをおすすめします。

PIAはスマートフォンでも使える?

もちろん使えます。

iPhoneはもちろん、Androidでも専用の使いやすいアプリケーションを提供しています。

総評

スピード
サーバー
ユーザー体験
サポート
価格

PIAは法廷でログを開示しない事が証明された数少ないVPNサービスです。7日間の返金保証がありますので高い匿名性を求める方はPIAを気軽に試す事ができます。

  • 個人を特定できる情報を記録しないログポリシーがある
  • ログポリシーは法廷で証明済み
  • 暗号通貨での支払いを受け付けている
  • キルスイッチを備えたVPNクライアントを提供してる
  • DNSリーク対策済み
  • 10台まで接続できる
  • P2Pに対応した高速ネットワーク
  • 7日間の返金保証

PIAの詳細を見る