匿名性の高いノーログVPNをランキング|安心して利用できるおすすめの匿名VPNサービス

VPNでプライバシーを守り匿名性を確保するにはノーログポリシーが守られている必要があります。

しかし残念なことにノーログポリシーを守らずログを保存していたり第三者にログを提供しているVPNサービスも存在しています。

そこで、安心して利用できる信頼性の高いVPNサービスを厳選し、ご紹介したいと思います。皆様のVPNサービスを選ぶ判断材料となれば幸いです。

今回ご紹介するのは次の3つのVPNサービスです。

おすすめのノーログVPNランキング TOP3

厳選した3つのノーログVPNをランキング形式でおすすめ順にランキングしています。興味のあるサービスがございましたらレビュー記事もご覧ください。

第1位:PwCの監査でノーログポリシーが実証されたNordVPN

» NordVPNの30日間無料体験はこちら

1ヶ月プラン
$11.99
  • 支払総額 $11.99
  • 割引 0%
  • 30日間返金保証付き
1年プラン
$4.99
  • 支払総額 $59.88
  • 割引 40%
  • 30日間返金保証付き

NordVPNはパナマで運営されているためデータ保管や公開法に従う必要がありません。つまり個人情報などの保存を法律で強制されることがありません

NordVPNのノーログポリシー

NordVPNは次のようなログを保存しないことを明言しています。

保存しないログ

  • 着信および発信IPアドレス
  • 接続日と接続期間
  • 転送データ量
  • 使用VPNサーバー
  • 閲覧したウェブサイト
  • ダウンロードしたファイル
  • 使用ソフトウェア

NordVPNは世界4大監査法人である「PricewaterhouseCoopers(通称:PwC)」によって2018年と2020年に次の項目について検証を受けておりノーログポリシーが実証されています。

PwCによって検証された項目
  • 従業員へのインタビュー
  • サーバー構成の検査
  • ログの検査
  • 難読化サーバーの調査
  • Double VPNサーバーの調査
  • P2Pサーバーの調査

PwCによる監査を受けてノーログポリシーを証明したVPNサービスはNordVPNが最初です。第三者機関によりノーログポリシーが証明されたことによって信頼性が高まり、非常に人気があるためNordVPNはおすすめのVPNとなっています。

PwCによる監査のレポートはNordVPN利用者であれば誰でも閲覧できるので、NordVPNを利用している方は是非一度ご覧になってください。

PwCによる2020年のレポート

NordVPNのノーログポリシーは業界で最も信頼できると言っても良いでしょう。

そして通信が速く、Double VPNのように高い匿名技術を惜しみなく提供しているためとても人気のあるおすすめのVPNサービスとなっています。Double VPNがなぜ匿名性が高いのか知りたい方は以下の記事をご覧ください。

NordVPNのDouble VPN
Double VPNの通信経路

通信速度はExpressVPNを抜き、現在最速のVPNサービスとなっています。それでいて長期プランでは大幅に割り引きされるため、コストパフォーマンスがもっとも優れたVPNサービスとなっています。

また、NordVPNはP2Pに最適化されたVPNサーバーを提供しているため、Torrentで匿名性を維持しつつ高速にファイル交換をしたいという方にもおすすめできるVPNです。

NordVPNのアプリはサーバーリストだけでなく世界地図から接続したいVPNサーバーを選択できるようになっており、スマホアプリもそのユーザーインタフェースを踏襲しています。

この専用のスマホアプリはとても使いやすいため、これからVPNを使い始める方には最もおすすめできるVPNサービスといえるでしょう。

NordVPNの特徴
  • 30日間の返金保証
  • 海外からネットフリックスの視聴が可能!
  • VPN業界最速レベルの通信速度
  • 世界60カ国5,400台以上のサーバー
  • P2Pに最適化されたサーバーでTorrentも快適
  • 世界4大監査法人であるPwCの監査を受けた信頼できるノーログポリシー
  • 中国のグレート・ファイアウォール(金盾)を突破できる
  • Windows、Mac、Linux、iOS、Android用の専用アプリケーション
  • Double VPNや高性能なキルスイッチなど高レベルな匿名性を提供
  • Chrome、Edge用の拡張機能
  • 同時に最大6台まで接続可能
  • 24時間365日無休のカスタマーサポート
  • 暗号資産など豊富な支払い方法
TRY NOW
  • 業界人気ナンバーワン
  • 高速回線と軍事レベルの暗号化技術
  • P2Pに最適化されたサーバーでTorrentも快適
  • 監査法人(PricewaterhouseCoopers)によりノーログポリシーが証明済み ※2018年、2020年に監査
  • 高い匿名性と使いやすさに定評あり

30日間無料 公式サイトに行く

リンク先:https://nordvpn.com

まずは無料お試し!30日間無料でお試しください

第2位:サーバーを押収されてノーログポリシーが実証されたExpressVPN

» ExpressVPNの30日間無料体験はこちら

1ヶ月プラン
$12.95
  • 支払総額 $12.95
  • 割引 0%
  • 30日間返金保証付き
  • 特典なし
6ヶ月プラン
$9.99
  • 支払総額 $59.95
  • 割引 25%
  • 30日間返金保証付き
  • 特典なし

イギリス領バージン諸島で運営さているExpressVPNは次のようなログを保存しないことを明言しています。

保存しないログ
  • IPアドレス(送信元およびVPN)
  • 閲覧履歴
  • ラフィックの行き先またはメタデータ
  • DNSクエリ

ExpressVPNは次のログを収集します。しかしこれらのログはユーザーサポートに必要な情報であり個人を特定することはできません。

収集するログ
  • 有効化されたアプリとアプリのバージョン
  • VPNサービスに接続した日付(時間は含まない)
  • VPNサーバーロケーションの選択
  • 1日あたりに転送されたデータの合計(MB)

そしてExpressVPNもNordVPNと同様にPricewaterhouseCoopers(通称:PwC)による監査を受け、レポートをExpressVPN利用者に公開しています。

ExpressVPN利用者であればPwCのレポートを閲覧できる

ExpressVPNが興味深いのは、実際にノーログポリシーが証明されたことがある点です。

2016年、暗殺事件の容疑者がExpressVPNを利用していたためトルコの捜査当局はログの提出を依頼しましたが、ログの提供義務がないという理由でExpressVPNはこれを拒否しました。

ログの提供を拒否したためトルコの捜査当局にVPNサーバーを押収されてしまったのですが、サーバーには犯人に結びつく情報が一切残っておらず捜査は空振りに終わりました。

この一件はVPN業界に知れ渡り、ExpressVPNはノーログポリシーを貫いたVPNサービスとして知れ渡ることになりました。

このように実際にノーログポリシーが実証されたことや高速回線を備えシンプルで使いやすいVPNクライアントソフトを提供しているため、ExpressVPNは非常に人気があります。

ExpressVPNの特徴
  • 30日間の返金保証
  • 海外からネットフリックスの視聴が可能!
  • VPN業界最速レベルの通信速度
  • 世界94カ国3,000台以上のサーバー
  • 世界4大監査法人であるPwCの監査を受けた信頼できるノーログポリシー
  • 中国のグレート・ファイアウォール(金盾)を突破できる
  • Windows、Mac、Linux、iOS、Android用の専用アプリケーション
  • Chrome、Edge用の拡張機能
  • AES-256による暗号化、キルスイッチ、TrustedServer、Perfect Forward Securityなど高レベルのセキュリティ機能を提供
  • 同時に最大5台まで接続可能
  • 24時間365日無休のカスタマーサポート
  • 暗号資産など豊富な支払い方法
TRY NOW
  • 超高速、史上最速のVPN
  • 軍事レベルの暗号化技術とセキュリティー
  • 実証されているノーログポリシー
  • 高い匿名性と使いやすさに定評あり

30日間返金保証 公式サイトに行く

リンク先:https://expressvpn.com

まずは無料お試し!30日間無料でお試しください

第3位:法廷でノーログポリシーを実証したPIA(Private Internet Access)

» PIAの30日間無料体験はこちら

1ヶ月プラン
$11.95
  • 支払総額 $11.95
  • 割引 0%
  • 30日間返金保証付き
1年プラン
$3.33
  • 支払総額 $39.95
  • 割引 72%
  • 30日間返金保証付き

Private Internet Access(通称:PIA)は2022年8月、Deloitteの監査を受けノーログポリシーを実証しています。DeloitteはPwCと同じく世界4大会計事務所・コンサルティングファームのひとつであり信頼性は抜群です。

PIA利用者であればDeloitteのレポートを閲覧できる

DeloitteのレポートではPIAがノーログポリシーで運用されておりユーザーの追跡するような構成ではないことを報告しています。レポート全文はPIA利用者であればどなたでも閲覧できます。

また、PIAは何度も法廷に召喚されノーログポリシーを証明していることでも知られています。

2017年、不正アクセス事件の裁判でPIAが召喚されました。犯人のものと思われるIPアドレスの中にPIAが含まれていたためです。これを受けてPIAの顧問弁護士が法廷に立ち、PIAはユーザー情報を一切記録していないという説明をして個人情報の提供を拒否しました。

この一件によりPIAはプライバシーを守るVPNと認識され、非常に高い人気を誇っています。Redditのアンケートではナンバーワンの人気となっています。

Private Internet Accessの特徴
  • 30日間の返金保証
  • 海外からネットフリックスの視聴が可能!
  • 世界77カ国36,000台のサーバー
  • 実証されたノーログポリシー[参考]
  • Windows、Mac、Linux、iOS、Android用の専用アプリケーション
  • LinuxでもWindowsやMacと同等のGUIアプリケーションを利用可能
  • Chrome、Edge用の拡張機能
  • 高性能なキルスイッチなど高レベルな匿名性を提供
  • 同時に最大10台まで接続可能
  • 24時間365日無休のカスタマーサポート
  • 暗号資産など豊富な支払い方法
TRY NOW
  • 抜群に使いやすいアプリケーション
  • 高い匿名性と高速通信が魅力
  • 法廷で証明されたノーログポリシー

30日間返金保証 公式サイトに行く

リンク先:https://jpn.privateinternetaccess.com/

まずは無料お試し!30日間無料お試しください

ノーログポリシーとは?

ノーログポリシーとは、その名の通りログを取得しない・残さないことを意味します。

具体的にいうと『何時何分にどこからアクセスがあったのか』という個人につながる情報を残しません。これにはIPアドレスも含まれているので、ノーログポリシーのVPNを使っているとIPアドレスから個人を特定することはできなくなります。

しかしノーログポリシーのVPNでも最低限のログは取得・保存していることがあります。

たとえば『ユーザーが使っているVPNソフトウェアのバージョン』や『接続しているVPNサーバー』、『データ転送量』についてはログとして取得・保存されていることが多いです。その理由はユーザーサポートのためです。

万が一VPN接続がうまくいかないという問い合わせがあった際にVPNアプリケーションのバージョンが古いためなのか、VPNサーバーに問題があったせいなのか、といったことを調査するためにも最低限のログは必要となります。

おすすめのノーログポリシーVPNのまとめ

これからVPNを使おうと思っている方に一番おすすめできるのはNordVPNです。NordVPNは通信速度が速くPCやMac、スマホ向けのアプリがとても使いやすいため、どなたにもおすすめのVPNです。

また、PwCによる監査によってノーログポリシーが証明されているので、どのVPNを使おうか迷ったらNordVPNを選べば間違いはありません。30日間の返金保証もあるので、まずは試してみることをおすすめします。

NordVPNと同じくPwCによる監査を受けているのがExpressVPNです。ExpressVPNもWindowsやMac、スマホ向けにアプリを提供しています。通信速度が速くセキュリティも高いため価格が少し高めですが、Torrentユーザーからの支持が高く人気もあります。

価格が安い方が良いという方であればPIAがおすすめのVPNです。2年プランを選択するとPIAの価格は驚くほど安くなります。PIAはアプリケーションがとても使いやすく、WindowsやMac、スマホはもちろんですがLinux向けにもGUIで操作できるアプリを提供しているので、LinuxユーザーにはPIAがおすすめです。

NordVPNは高速通信と軍事レベルの暗号化技術、匿名性の高さで人気ナンバーワン。VPNアプリケーションも使いやすく、海外での動画視聴やTorrentのファイル共有も高速で快適です。同時接続6台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

SurfShark VPNは2018年に誕生した新進気鋭のVPNサービス。低価格ながら高速通信と軍事レベルの暗号化技術、匿名性の高いMuliHop機能を搭載するなどコストパフォーマンスに優れた人気急上昇中のVPNサービスです。同時接続台数は無制限。

» 公式サイトへ » レビューを見る
アズポケット株式会社が運営するMillenVPNは高速通信と手厚い日本語サポートで人気の高いVPNサービスです。VPNアプリケーションも使いやすく、設定項目は豊富で、海外からの動画視聴やBitTorrentでのファイル交換も快適です。同時接続10台まで可能。
» 公式サイトを見る » レビューを見る

PIAは高速通信と使いやすいVPNアプリケーションで人気の匿名VPN。Torrentでのファイル共有も快適です。実証されたノーログポリシーにより、最高の匿名VPNのひとつとなっています。同時接続10台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

ExpressVPNは高速通信とセキュリティの高いVPNサービスを提供します。海外での動画視聴やTorrentのファイル共有も高速で快適です。軍事レベルの暗号化技術とセキュリティで匿名性も抜群。同時接続5台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

AirVPNは『VPN over Tor』に対応した匿名性の高いVPN。VPN偽装機能も搭載しておりVPN検知を突破します。もちろんTorrent対応。他のVPNサービスとは一線を画した上級者向けの匿名VPNサービスです。同時接続3台まで可能。MoneroとDashでの支払いに対応しています。

» 公式サイトへ » レビューを見る
老舗プロバイダーのインターリンクが提供するVPNサービスです。最大で2ヶ月間無料、いつでも違約金なしで解約できて月額費用も1000円(税抜)とお手頃価格を実現しています。同時接続3台まで可能。
» 公式サイトを見る » レビューを見る

2 COMMENTS

匿名

ノーログポリシーのVPNに興味があったので参考になりました。
別のブログではSurfsharkもノーログポリシーの監査済みと解説していましたが、このブログではSurfsharkを解説しないんですか?

返信する
マスター

コメントありがとうございます。

>別のブログではSurfsharkもノーログポリシーの監査済みと解説していましたが

そのブログを拝見していないので何とも言えないのですが、わたしが知る限りSurfshark VPNはCure53によるセキュリティ監査は受けていますがノーログポリシーに関する監査は受けていないはずです。
もしもSurfshark VPNがノーログポリシーを証明する監査を受けているという情報があれば、ぜひお知らせください。

ノーログポリシーについては、次の記事でも解説しているので参考にしてみてください。

https://vpncafe.net/vpn-log-policy/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)