Torrent利用者必見!VPNを利用して秘密で安全にTorrentを使う方法

この記事は『BitTorrentを匿名で利用したい』『BitTorrentを使っていることを知られたくない』『BitTorrentでどんなファイルをダウンロードしているのか知られたくない』そういった方々のためのご要望に応えるためのものです。

ISPはあなたの通信内容をすべて把握している

ISPはInternet Service Providerの略で、皆さんがインターネットに接続する際に契約している会社です。ケーブルテレビでインターネットに接続している方はケーブルテレビ会社がISPになります。

ISPはあなたが「いつ」「どこへ」「どのような」通信をおこなったのか全て記録しています。これは法務省の「通信履歴の電磁的記録の保全要請」によるもので、最低でも90日間は通信履歴を保存しています。

そのため、違法ダウンロードなどの捜査で警察からISPに照会されると個人情報が提供されることになります。

過去、Winnyの利用がISPに規制されたり漫画村へのアクセスが遮断されたりしましたが、これらはISPが通信内容を把握しているからできることです。

このようにインターネット上ではプライバシーが無いに等しい状態であると言えます。

このプライバシー問題に対抗するのがVPNです。VPNはプライバシーを守る強力なツールであり、匿名性を確保することができるインターネットにおける隠れ蓑のような存在です。

今回はこの「VPN」をご紹介したいと思います。

BitTorrent利用者がVPNを使うべき理由

理由1:違法ダウンロードをしてしまった際に身を守るため ※重要

BitTorrentを利用している方がすべて違法ダウンロードをしているわけではないでしょう。最近は巨大なファイルを効率良く配信するためにBitTorrentが日常的に利用されています。

しかしファイルをダウンロードする前はファイルの中身が分かりません。ファイルの中身が分かるのはダウンロードが完了した後です。

そのため意図せず違法なファイルをダウンロードしてしまう可能性はゼロではありません。これは大変危険です。たとえば、意図しなくても児童ポルノをダウンロードすれば「児童ポルノ製造」として逮捕・捜索される場合があります。

自首することで「逃亡や証拠隠滅の恐れがない」と警察に判断してもらい逮捕や家宅捜索を回避するという方法もありますが、これは賭けです。弁護士を伴わないと逆効果となる可能性があります。

このように、理由を問わず違法ダウンロードをしてしまう可能性があるため自主防衛のためにもVPNを使う必要があります。

なぜVPNが自主防衛に繋がるのか、VPNについてはこの後で解説します。

理由2:BitTorrentを使うという事はIPアドレスを公開していること

BitTorrentを使うということは、世界中に「わたしはBitTorrentを使っています」と公開していることと同じです。

IPアドレスから「国」はもちろん「市区町村」まで分かるためIPアドレスを手がかりに身元を特定される可能性があります。

もしも正当な理由と弁護士を雇う資金があればIPアドレスと接続時刻を手がかりにISPへ照会をかけて個人情報を手に入れることもできます。詳しくは「【必見】IPアドレスから個人を特定する方法 vs 身バレを防ぐ方法 」で解説しているので興味のある方は参考にしてみてください。

VPNはIPアドレスを「隠す」ことができるため、BitTorrentを使っている最中でもIPアドレスを公開してしまうという問題が発生しません。

プライバシーを守りながらBitTorrentを使うことができるVPNについて

ここまで解説してきたように、何の対策もなくBitTorrentを使い続けるというのは危険です。

しかしVPNを使うことによって問題を解決できるといっても「VPNとは何なのか」「具体的な効果」「メリットとデメリット」について知りたいと思う方が多いでしょう。

VPNとは?

VPNと聞くと難しそうなイメージがあるかも知れませんが、難しいことは何もありません。

リモートワークの普及によってVPNという言葉を見聞きする機会が増えたと思いますが、そのVPNと基本的には同じです。「基本的」と書いたのはリモートワークなどで利用するVPNと技術的には同じですが「目的」が異なるためです。

そこで『プライバシーを守るVPN』と『リモートワークで利用されるVPN』を区別するために、『プライバシーを守るVPN』のことを『匿名VPN』と呼ぶことにします。

匿名VPNとは、あなたのIPアドレスを隠してインターネットに接続するためのサービスです。

匿名VPNを利用すると、あなたがインターネットへ接続する際にVPNサーバーを経由することによってあなたのIPアドレスがVPNサーバーのIPアドレスに変換されます。

そしてVPNサーバーではログを残さない「ノーログポリシー」が適用されているため、あなたの情報が漏れる心配はありません。

匿名VPNは無料で使える?誰でも使える?

残念ですが匿名VPNは無料では使えません。匿名VPNは世界中でサーバーを運用したり、外国からの圧力が及ばない国で運営したりする必要があります。それを無料で使うというのは無理な話です。

その代わり、匿名VPNはあなたのプライバシーを完全に守ってくれます。

有償なだけにサポートもしっかりしていますし、使いやすいソフトウエアも提供しています。誰でもソフトウエアをインストールすれば簡単に使えますから、BitTorrentを利用できるパソコンスキルがあれば大丈夫です。

注意

無料で使えるVPNもありますが、通信内容を盗聴していたり行動履歴を収集し売却して運用益を得ている事が多く、とても危険なためvpncafeではおすすめしません。

筑波VPN(VPN Gate)を利用するのはOK?

結論から言うと、絶対にやめてください。

海外から日本のYahoo!を見たい、という程度の理由であればVPN Gateを利用しても良いのですが、VPN Gateはしっかりと通信履歴を保管しているので違法ダウンロードをしてしまった場合に身を守るということができません。

過去、VPN Gateを利用していた方が逮捕(詐欺罪)されています。犯罪やそれに近い行為には敏感になっているはずですから、VPN Gateを匿名VPNのような感覚で利用することは避けてください。

筑波VPN(VPN Gate)にはプライバシーが一切無いので、利用する際は注意して下さい。

匿名VPNを利用するメリット

匿名VPNの利用を迷っている方に知っておいて頂きたい匿名VPNのメリットを紹介します。

VPNのメリット1:ISPはTorrenを利用していることが分からない

冒頭でも解説したとおり、ISPは通信履歴を90日以上保管しています。この通信履歴があれば秒単位であなたのインターネット上での行動が丸裸にされます。

しかし匿名VPNを利用すると、ISPの通信履歴に残るのは匿名VPNに接続した記録のみとなります。ですから、あなたがBitTorrentを使っていることは分かりませんし、どのようなファイル交換をしているのかも知ることはできません。

もう少しハッキリ書くと、匿名VPNに接続した後にあなたがインターネットでどのような行動をとってもISPの記録には一切残りません

このように、インターネット上でプライバシーを守ることことができるというメリットが匿名VPNの特徴です。

VPNのメリット2:匿名VPNには30日間の無料お試し期間がある

多くの匿名VPNには30日以内であれば返金に応じるシステムがあります。

ですから、使ってみたら通信速度が遅かった、思ったよりも使い勝手が良くなかった、という場合に返金を請求できます。

本当に匿名VPNを使ってBitTorrentができるのか?という不安がある方は是非30日間の無料体験を試してください。

匿名VPNを利用する際の注意点

すでに解説したとおり、匿名VPNは無料では利用できません。無料の匿名VPNもありますが、これらの多くは通信内容を傍受している可能性が高いため絶対に利用してはいけません。

匿名VPNはプライバシーを守る重要なサービスであるため、信用できる会社が提供しているサービスを利用しなければいけません。

BitTorrentに向いていて信頼できる匿名VPNサービスはこの後にご紹介します。

BitTorrent向けのおすすめの匿名VPNサービス

vpncafeでは様々な匿名VPNサービスをレビューしています。

そんな中でBitTorrentに最適な3つのサービスをご紹介したいと思います。今回選定したサービスは以下の基準で選んでいます。

  1. BitTorrentが快適に利用できる通信速度を備えている
  2. 30日間の無料お試し期間がある
  3. 有名で信頼できるサービスである

BitTorrent向けVPNおすすめ1位:NordVPN

https://nordvpn.com

初心者向け:
利用者満足度:

コストパフォーマンス:

プラン支払い料金月あたりの利用料金
1ヶ月プラン$11.99$11.99
1年プラン$59.88$4.99
2年プラン$78.96$3.29
NordVPNのプランと価格
(為替により価格は変動します)

現在もっとも人気があるのはNordVPNです。

NordVPNは業界最速の通信速度で、しかもP2P専用のサーバーを用意しているためBitTorrentに最適です。

匿名性とセキュリティが最高レベルであるにもかかわらず、他の匿名VPNと比較して平均レベルの価格となっておりコストパフォーマンスは最高です。

気になる匿名性ですが、NordVPNは世界4大監査法人の「PricewaterhouseCoopers(通称:PwC)」の監査を受けることによってノーログポリシーを証明しているため安心です。

また、パナマで運営されており通信履歴を保管する義務がないという点も安心です。

≫ NordVPNを30日間無料で試してみる

TRY NOW
  • 業界人気ナンバーワン
  • 高速回線と軍事レベルの暗号化技術
  • 監査法人(PricewaterhouseCoopers)によりノーログポリシーが証明済み ※2018年、2020年に監査
  • 高い匿名性と使いやすさに定評あり

30日間無料 公式サイトに行く

リンク先:https://nordvpn.com

まずは無料お試し!30日間無料でお試しください

Torrent向けVPNおすすめ2位:ExpressVPN

https://www.expressvpn.com

初心者向け:
利用者満足度:

コストパフォーマンス:

プラン支払い料金月あたりの利用料金
1ヶ月プラン$12.95$12.95
6ヶ月プラン$59.95$9.99
12ヶ月プラン$99.95$8.32
ExpressVPNのプランと価格
(為替により価格は変動します)

NordVPNに並んで人気があるのがExpressVPNです。

ExpressVPNのメリットはなんと言っても業界最速の通信速度です。NordVPNと同等かそれ以上の通信速度であり、業界最速レベルです。

また、アプリケーションはシンプルで初心者にも使いやすいものとなっています。少し値段が高いのですが、使いやすく最速のVPNを利用したい方はExpressVPNがおすすめです。

気になる匿名性ですが、NordVPNと同じく世界4大監査法人の「PricewaterhouseCoopers(通称:PwC)」の監査を受けることによってノーログポリシーを証明しているため安心です。

また、バージン諸島で運営されており通信履歴を保管する義務がないという点も安心です。

≫ ExpressVPNを30日間無料で試してみる

TRY NOW
  • 超高速、史上最速のVPN
  • 軍事レベルの暗号化技術とセキュリティー
  • 実証されているノーログポリシー
  • 高い匿名性と使いやすさに定評あり

30日間返金保証 公式サイトに行く

リンク先:https://expressvpn.com

まずは無料お試し!30日間無料でお試しください

Torrent向けVPNおすすめ3位:SurfShark VPN

https://surfshark.com

初心者向け:
利用者満足度:

コストパフォーマンス:

プラン支払い料金月あたりの利用料金
1ヶ月プラン$12.95$12.95
12ヶ月プラン$47.88$3.99
2年プラン$57.96$2.49
SurfShark VPNのプランと価格
(為替により価格は変動します)

3番目におすすめなのはSurfShark VPNです。

SurfShark VPNは通信速度がNordVPNやExpressVPNほど高速ではないものの、比較的安く利用できるというメリットがあります。

アプリケーションも使いやすいため、初心者の方で安心して利用できます。手頃な価格で匿名VPNを利用したいという方はSurfShark VPNも候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

≫ SurfShark VPNを30日間無料で試してみる

TRY NOW
  • 無制限の同時接続端末数
  • コストパフォーマンスの高い匿名VPN
  • マルチホップ機能による匿名化

30日間返金保証 公式サイトに行く

リンク先:https://surfshark.com/

まずは無料お試し!30日間無料でお試し下さい

まとめ

BitTorrentはとても便利ではありますが、違法ダウンロードによるトラブルを避けるためにも是非VPNの利用を検討して頂きたいと思います。

匿名VPNはBitTorrentだけでなく、インターネット上でのプライバシーを守るためにも有効なツールですから活用の場は多いのではないでしょうか。

匿名VPNを選ぶ基準として通信速度を重視するのであれば、ExpressVPNNordVPNがおすすめです。

通信速度を犠牲にしてでも(それでも十分に高速ですが)費用を抑えたい場合はSurfShark VPNが良いでしょう。ただ、最近は他のVPNが値下がりしてきておりSurfShark VPNが圧倒的に安いという状況ではないため、価格と性能のバランスを見てVPNサービスを選んで頂きたいと思います。

NordVPNは高速通信と軍事レベルの暗号化技術、匿名性の高さで人気ナンバーワン。VPNアプリケーションも使いやすく、海外からの動画視聴やBitTorrentでのファイル交換も快適です。同時接続6台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

ExpressVPNは他社を圧倒的に引き離す最速のVPNサービスを提供します。海外からの動画視聴やBitTorrentでのファイル交換も快適です。軍事レベルの暗号化技術とセキュリティで匿名性も抜群。同時接続5台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

SurfShark VPNは2018年に誕生した新進気鋭のVPNサービス。低価格ながら軍事レベルの暗号化技術とMuliHop機能を搭載するなど高い匿名性を提供する、人気急上昇中のVPNサービスです。同時接続台数は無制限。

» 公式サイトへ » レビューを見る

PIAは高速通信と使いやすいVPNアプリケーションで人気の匿名VPN。BitTorrentでのファイル交換も快適です。実証されたノーログポリシーにより、最高の匿名VPNのひとつとなっています。同時接続10台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

AirVPNは『VPN over Tor』に対応。VPN偽装機能も搭載しておりVPN検知を突破します。もちろんBitTorrent対応。他のVPNサービスとは一線を画した上級者向けの匿名VPNサービスです。同時接続3台まで可能。MoneroとDashでの支払いに対応しています。

» 公式サイトへ » レビューを見る

1 COMMENT

その匿名VPNが本当に匿名なのか?という保証や立証はどうなっているのでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Japanese