おすすめVPN比較!NordVPN vs ExpressVPN vs AirVPN

vpncafeでおすすめしている「NordVPN」「ExpressVPN」「AirVPN」のサービス内容やメリットを多方面から比較検討してみました。

どのVPNサービスが一番自分に合っているのか皆さんの判断材料となれば幸いです。

価格で比較する

NordVPNは「1ヶ月」「1年」「2年」の3プラン、ExpressVPNは「1ヶ月」「6ヶ月」「1年」の3プランですがAirVPNは「3日」から「3年」まですべての期間でプランを用意しています。

プランNordVPNExpressVPNAirVPN
3日プラン¥285
1カ月プラン$11.99$12.95¥998
3カ月プラン¥2,138
6カ月プラン$59.95¥4,133
1年プラン$59.88$99.95¥6,983
2年プラン$78.96¥11,259
3年プラン¥14,109
返金ポリシー30日間30日間
VPNサービスの価格比較表
(為替により価格は変動します)

2年プランではNordVPNがもっとも安くなりますが、それ以外のプランはAirVPNが安くなります。ExpressVPNはどのプランを選んでも高いので、価格面では不利となります。

通信速度で比較する

通信速度の比較はvpncafeが毎月おこなっている計測結果が参考になります。

RANKVPNDOWNLOADUPLOADPING
1ExpressVPN89.98 Mbps64.26 Mbps15.80 ms
2NordVPN89.82 Mbps65.63 Mbps12.00 ms
3Surfshark VPN86.97 Mbps66.05 Mbps13.10 ms
4AirVPN71.81 Mbps51.68 Mbps13.70 ms
5PIA59.07 Mbps51.93 Mbps11.90 ms
VPNの通信速度計測結果
(計測日:2022年6月5日)

NordVPNとExpressVPNはほぼ互角でもっとも通信速度が速いVPNです。それに対してAirVPNは通信速度が落ちます。

AirVPNはサーバー台数も少ないため混在すると通信速度が低下する傾向にあります。通信速度を求める場合はNordVPNExpressVPNを選ぶと後悔しないでしょう。

VPNサービスの運営拠点を比較する

アメリカ・EUで運営されている場合は個人情報を収集する法的義務があるため注意が必要です。

AirVPNはノーログポリシーを明記していますがEUに加盟しているイタリアで運営されているため、個人情報を収集する可能性がゼロではありません。

サービス名運営国評価
NordVPNパナマ
ExpressVPNイギリス領バージン諸島
AirVPNイタリア
運営している国と評価

AirVPNを選択するメリットはVPN over Torを利用できる点です。VPN over Torを利用する場合、サインアップに気を付ければ最高レベルの匿名性を手に入れる事ができます。

NordVPNやExpressVPN、AirVPNのどれを利用するにしても匿名性を気にする場合はサインアップ時に匿名メールアドレスを利用してください。

PIA(Private Internet Access)への捜査ではサインアップ時のメールアドレスから個人を特定しようと試みた事が知られています。

匿名メールについてはプライバシーを守るための匿名メールサービスをご覧ください。

VPNソフトウェアの機能・使い勝手を比較する

VPNソフトウェアはシンプルで扱いやすいものから玄人向けのカスタマイズ可能なものまで様々あります。

NorVPN / ExpressVPN / AIrVPNのキルスイッチを比較する

キルスイッチは匿名性を保つために絶対に必要なものであるため、どのVPNサービスでも提供しています。

キルスイッチが必要な理由

キルスイッチは意図せず直接インターネットへ接続しない事を目的としています。

直接インターネットへ接続するという事はVPNで保護されていないため、あなたの本当のIPアドレスが漏れる原因となります。

キルスイッチを利用するとVPNを経由しない限りインターネットへ接続できません。ネットワークが不安定でVPNが切れてしまったり、何らかの方法で強制的にVPNを切断されてしまっても直接インターネットへ接続しないようにします。

アプリケーションキルスイッチとネットワークキルスイッチ

キルスイッチにはアプリケーションキルスイッチネットワークキルスイッチの2種類があります。

  • アプリケーションキルスイッチはVPNが切断された場合にWEBブラウザ等のアプリケーションを強制終了します
  • ネットワークキルスイッチはVPNが切断された場合にインターネットへ直接接続しないように全通信を遮断します

アプリケーションキルスイッチはVPNが切断された際に特定のアプリケーションのみ遮断するため直接インターネットへ接続してしまう可能性がとても高くなります。

そのため匿名性を確保するためにはネットワークキルスイッチが必要である点に注意してください。

ネットワークキルスイッチはVPNサービスによって名称が異なります。

サービス名ネットワークキルスイッチの名称
NordVPNInternet Kill Switch
ExpressVPNNetwork Lock
AirVPNNetwork Lock
各VPNサービスのキルスイッチ機能

NordVPNのネットワークキルスイッチ

NordVPNのVPNクライアントでネットワークキルスイッチを有効にするとVPN接続しない限り一切インターネットに接続できなくなります。この挙動はとても素晴らしいと思います。

というのもVPN接続しているつもりでオンラインサービスに接続したら実はVPNを切断していた、というのはよくある事だからです。

VPN接続を忘れてTwitterにログインし身元が発覚したスパイがロシアにいましたが、そういった事はしばしば起こります。

ExpressVPNのネットワークキルスイッチ

ExpressVPNはNetwork Lockという名称でネットワークキルスイッチを提供しています。

ExpressVPNのネットワークキルスイッチは手動でVPNを切断してもインターネット通信を遮断しません。

ネットワークキルスイッチが発動するのはVPN通信が不意に切断された場合のみです。

匿名性を気にする場合はExpressVPNのネットワークキルスイッチの挙動に注意が必要です。

AirVPNのネットワークキルスイッチ

AirVPNはNetwork Lockという名称でネットワークキルスイッチを提供しています。

AirVPNはNordVPNと同様にVPNクライアントでネットワークキルスイッチを有効にするとVPN接続しない限り一切インターネットに接続できなくなります。

ただし、デフォルトではVPNが切断されていてもPingは通すようになっています。

この挙動は匿名性を損なう可能性があるため、設定でPingを通さないようにする必要があります。

総評

キルスイッチに関してはNordVPNとAirVPNのネットワークキルスイッチが優れています。

ExpressVPNは初心者が通信トラブルを起こさないようにするため手動でVPNを切った場合に通信を開放しているのだと思います。

匿名性を気にする場合はVPN接続していない場合に有無を言わさずネットワークを遮断するNordVPNやAirVPNで採用しているネットワークキルスイッチが望ましいです。

サービス名評価
NordVPN
ExpressVPN
AirVPN
キルスイッチの評価

VPNサーバーの選択方法の違いを比較する

接続したいVPNサーバーを選択する方法はVPNクライアントによって異なります。

もっともシンプルで分かりやすいのがExpressVPNです。リストから国を選んで接続を開始します。

直感的に分かりやすいのは世界地図から選択できるNordVPNです。世界地図はズームイン・ズームアウトできます。左側のメニューからも接続する国を選択できます。

AirVPNはレイテンシーや利用者数、あるいは負荷率を見ながらサーバーを選択できます。AirVPNのVPNクライアントは評判が良く玄人好みの出来です。

総評

VPNサーバーの選択方法は一概にどれが良いか決められません。

海外から日本のNetflixを視聴したいといった用途であれば操作方法がシンプルで分かりやすいExpressVPNがおすすめです。

世界中のVPNサーバーを視覚的に分かりやすく表示して選択できるようにしているNordVPNも使いやすいでしょう。

サーバーの負荷率や利用者数を見ながらサーバーを選択できるAirVPNは玄人向けと言えます。

匿名化とプライバシーを比較する

VPNサービス事業社はそれぞれ独自の匿名化機能を提供しています。

NordVPNの匿名化とプライバシー

NordVPNにはDouble VPNという優れた機能があります。これは通常であれば1台のVPNサーバーを経由してインターネットへ抜けるところを、更にもう一台のVPNサーバー(計2台)を経由する事により匿名性を高めるものです。

VPNサーバーをふたつ経由してインターネットに接続する

接続先のサーバー(vpncafe.netのような一般的なサイトなど)には2つ目のVPNサーバーのIPアドレスが残りますが、ISPのログには1つ目のVPNサーバーのIPアドレスが残ります。

つまり2つ目のVPNサーバーのIPアドレスをいくら調査しても本当の利用者を特定する事が極めて困難となります。

そのためDouble VPNは非常に高い匿名機能となっています。

また、NordVPNは2018年以降、世界4大監査法人であるPricewaterhouseCoopers(通称:PwC)に依頼しノーログポリシーにより運営されていることを2度検証されています。これによって顧客のIPアドレスを含む接続ログ・トラフィックログを保存・共有、第三者への提供がされていないことを証明しています。

PwCによる監査レポートはNordVPN利用者に公開されているので、NordVPNを利用していれば誰でも閲覧可能です。

PwCによる2020年のレポート(NordVPN利用者であれば閲覧可能)

ExpressVPNの匿名化とプライバシー

ExpressVPNはTrustedServerテクノロジーを導入しています。これはRAM上でサーバーを起動しディスクへの書き込みを最小限にする事で情報漏洩を防ぐ機能です。

また、60分ごとに暗号化キーを更新するためExpressVPNの暗号通信を解読する事は現時点のコンピューターでは不可能です。

このふたつの機能により他のVPNサービスと比較して格段にプライバシー機能が強化されています。

また、ExpressVPNはNordVPNと同様にPricewaterhouseCoopers(通称:PwC)による監査を受けノーログポリシーを証明しています。

AirVPNの匿名化とプライバシー

AirVPNはVPN通信を一般的なHTTPS通信やDNS通信に偽装して補足されにくくする機能があります。

また、SSHやSSL、Torを介したVPN通信をサポートしているためISPはあなたがVPNを利用している事を検知できません。

そしてVPN over Torに対応している点がAirVPNの価値を高めています。VPN over Torで接続した場合、NSAでも発信者を特定することは不可能なレベルまで匿名性を高める事ができます。

VPN over Torについては「ほぼ完全に匿名化 | VPNサービスとTorを一緒に使う方法」をご覧ください。

総評

匿名性を高める機能としてNordVPNのDouble VPNは非常に優秀です。

AirVPNはVPN通信の偽装機能に優れVPN over Torにより高レベルな匿名性を手に入れる事ができます。

ExpressVPNはTrustedServerテクノロジーと動的な暗号キー更新でプライバシーを確保しています。匿名性についてはノーログポリシーが実証されているので実績ベースで匿名性の高いVPNサービスを選ぶのであればExpressVPNが最適でしょう。

まとめ

VPNサービスの運営拠点を観点にすると個人情報を収集する法的義務が存在しないNordVPNExpressVPNが安心です。

VPN over Torで最高の匿名性を手に入れる必要があるならばAirVPNを選択する必要があります。

匿名性という点ではNordVPNはDouble VPNを備えているため特に匿名性に優れており、しかもPwCという世界4大監査法人による監査を受けているためノーログポリシーは信頼できるものです。

信頼性、機能、価格、これらすべての面でもっとも優れているのはNordVPNといえるでしょう。匿名性の高いVPNを利用するのであれば、まずはNordVPNの利用をおすすめします。

30日間の返金保証があるので試しに使ってみると良いでしょう。

TRY NOW
  • 業界人気ナンバーワン
  • 高速回線と軍事レベルの暗号化技術
  • P2Pに最適化されたサーバーでTorrentも快適
  • 監査法人(PricewaterhouseCoopers)によりノーログポリシーが証明済み ※2018年、2020年に監査
  • 高い匿名性と使いやすさに定評あり

30日間無料 公式サイトに行く

リンク先:https://nordvpn.com

まずは無料お試し!30日間無料でお試しください

NordVPNは高速通信と軍事レベルの暗号化技術、匿名性の高さで人気ナンバーワン。VPNアプリケーションも使いやすく、海外での動画視聴やTorrentのファイル共有も高速で快適です。同時接続6台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

SurfShark VPNは2018年に誕生した新進気鋭のVPNサービス。低価格ながら高速通信と軍事レベルの暗号化技術、匿名性の高いMuliHop機能を搭載するなどコストパフォーマンスに優れた人気急上昇中のVPNサービスです。同時接続台数は無制限。

» 公式サイトへ » レビューを見る
dアニメを視聴できる唯一のVPN。老舗プロバイダーのインターリンクが提供するVPNサービスです。最大で2ヶ月間無料、いつでも違約金なしで解約できて月額費用も1000円(税抜)とお手頃価格を実現しています。同時接続3台まで可能。
» 公式サイトを見る » レビューを見る

ExpressVPNは高速通信とセキュリティの高いVPNサービスを提供します。海外での動画視聴やTorrentのファイル共有も高速で快適です。軍事レベルの暗号化技術とセキュリティで匿名性も抜群。同時接続5台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る
アズポケット株式会社が運営するMillenVPNは高速通信と手厚い日本語サポートで人気の高いVPNサービスです。VPNアプリケーションも使いやすく、設定項目は豊富で、海外からの動画視聴やBitTorrentでのファイル交換も快適です。同時接続5台まで可能。
» 公式サイトを見る » レビューを見る

PIAは高速通信と使いやすいVPNアプリケーションで人気の匿名VPN。Torrentでのファイル共有も快適です。実証されたノーログポリシーにより、最高の匿名VPNのひとつとなっています。同時接続10台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

AirVPNは『VPN over Tor』に対応した匿名性の高いVPN。VPN偽装機能も搭載しておりVPN検知を突破します。もちろんTorrent対応。他のVPNサービスとは一線を画した上級者向けの匿名VPNサービスです。同時接続3台まで可能。MoneroとDashでの支払いに対応しています。

» 公式サイトへ » レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Japanese