プライバシーを守るための匿名メールサービス

プライバシーを守るためにVPNを利用するのは良い方法です。しかしメールをやり取りする際に不注意からプライバシーが暴かれることは少なくありません。

プライバシーを守りながらメールをやり取りするのであれば、適切なメールサービスを利用する必要があります。

また、VPNサービスへ申し込む際も匿名メールサービスを利用すると安全です。

匿名でメールを送信・受信する

送信専用アカウント

送信専用アカウントを利用すると匿名でメールを送信できます。ただし返信メールを受信することはできません

送信専用で利用できるサービス一覧

これらのサービスはアカウントを作成する事なく利用できます。

受信専用アカウント

メール受信のみ必要であれば TrashMail が利用できます。

TrashMailを利用すると期限付きの受信専用アカウントを作成することができ、期限が来るとアカウントは自動的に削除されます。

匿名メールプロバイダー

メールの送受信が必要であれば匿名メールプロバイダーを利用しましょう。

ProtonMailTutanotaは日常的に利用できるメールプロバイダーです。一時的に匿名メールを送受信したい場合はGuerrilla Mailを利用するといいでしょう。

サービス名無料ストレージスマホアプリ
ProtonMail ○(有料版あり)500MB
Tutanota ○(有料版あり)1GB
Guerrilla Mail ー(60分で削除)
ProtonMail

ProtonMailは最も人気のある匿名メールプロバイダーのひとつです。

PGPを利用してメールを送信するためProtonMailのスタッフでもメッセージにアクセスすることはできません。

注意点として、PGPはメール本文を暗号化しますが件名やメタデータは暗号化されません。

ProtonMailは無料で利用でき、無料の場合は1日に送信できるメールは150件で500MBのストレージが提供されます。

より多くのストレージと追加機能が必要な場合は有料サービスを利用してください。

Tutanota

Tutanotaも人気のある匿名メールプロバイダーのひとつです。

Tutanotaユーザー同士であればメッセージだけでなく件名も暗号化されます。また、連絡先リストを含む受信箱全体を暗号化するのでプライバシーを重要視する方に人気があります。

非Tutanotaユーザーへ暗号化されたメールを送信する場合は、共有パスワードが必要となります。

Tutanotaは無料で利用できます。無料の場合は1GBのストレージが提供されます。

より多くのストレージと追加機能が必要な場合は有料サービスを利用してください。

Guerrilla Mail

Guerrilla Mailは使い捨てのメールアドレスをユーザーに提供します。

メールアドレスは自分で作成できますし、完全にランダムな文字列を選択することも可能です。

また、Guerrilla Mailは受信してから60分経過するとメールを完全に削除します。

匿名メールを更に安全に利用する

匿名メールサービスは身元を明かすことなくメールのやり取りができます。

しかし人は必ずミスを犯してしまいます。メールのヘッダーやメールに仕込まれた画像ファイルを読み込ませる事により身元が判明してしまう事は昔からありました。

また、ProtonMailはスイス当局からの要請により利用者情報(IPアドレス)を提供する事がしられています。

ProtonMailが欧州刑事警察機構からの要請で利用者情報を提供か

たとえ匿名メールを使っているとしても、IPアドレスは隠して利用することで更なる安全性を手に入れることができます。そのためには匿名VPNサービスの利用を検討すると良いでしょう。

【徹底比較】おすすめ匿名VPNサービス一覧

まとめ

匿名メールサービスは利用場面に応じて使い分けることが大事です。

固定したメールアドレスを保有して普段の生活や仕事で利用するのであればProtonMailTutanotaが最適でしょうし、一時的にメールの送受信をしたいのであればGuerrilla Mailが最適です。

どのサービスを利用するにしても、本当にプライバシーを守りたい場合はVPNサービスを利用する必要があることを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)