あなたのIPアドレスを隠して身バレを防ぐ5つの方法

インターネット上でプライバシー侵害を気にするのであればIPアドレスを隠す事は重要です。

IPアドレス自体は多くの場合個人情報に繋がりませんが、様々な視点で関連性を浮かび上がらせると興味深い情報を得る事ができます。

その良い例が最近発生したnoteでのIPアドレス漏洩事件です。

参考 noteのIPアドレス漏洩と同様のリスクを持つSNS ID漏洩が修正されたので、何が起きてたかをまとめます(※ SNS連携の同意目的外利用は未修正)|榊原昌彦|note榊原昌彦

また、IPアドレスからある程度地域が分かりますから、あなたが東京都に住んでいれば東京都○○区くらいまで住所が分かってしまいます。

そこで、この記事ではあなたがインターネットでIPアドレスを隠し匿名性を高め身バレを防ぐ方法をご紹介します。

IPアドレスとは何か?

そもそもIPアドレスとは何でしょうか。

IPアドレスはインターネットで通信するにあたりとても重要なもので、一時的に与えられたインターネット上の住所のようなものです。

インターネットに住所があるお陰であなたはアマゾンでお買い物をしたりLINEでメッセージのやり取りができるわけです。

このIPアドレスは世界中に約42億個存在していて、インターネットでは同じIPアドレスが存在しません。唯一無二の存在です。

そのため「何月何日何時何分何秒にこのIPアドレスで通信していたのは誰だ?」と調べるとあなたにたどり着く事ができてしまいます。

あなたのIPアドレスを隠す5つの方法

それではどのようにしてIPアドレスを隠せば良いのでしょうか?

先に結論をお伝えすると、これからご紹介する方法のうち5番目に挙げている「匿名VPNサービス」を利用する事をおすすめします。

なぜ匿名VPNサービスがおすすめなのか?他の方法はなぜダメなのか、1つずつ解説します。

その1 フリーWiFiを利用する

喫茶店などフリーWiFiを提供している場所でインターネットに接続すれば人混みに紛れる事ができます。

この方法は決して悪くないのですがフリーWiFiにはリスクが伴います。

もしも悪意のある者が設置したWiFiスポットに接続してしまった場合、プライバシーを守るどころか盗聴されたりマルウェアに感染させられる可能性があります。

悪意のあるWiFiスポットの設置は非常に簡単で、小学生ですら実行できます。

その2 オープンプロキシを利用する

オープンプロキシを利用する手法は手軽で特別な知識が不要ですがフリーWiFi以上に危険が伴います。

特に無料で公開されているオープンプロキシは危険です。

というのもプロキシは通信の盗聴が簡単に実行できるだけでなく通信内容を書き換える事も簡単だからです。

通信内容を書き換える事によってマルウェアに感染させたり偽の情報をあなたのパソコンやスマホに表示させる事など簡単にできてしまいます。

インターネットには悪意を持った者が公開しているオープンプロキシが極めて多いため、安易な気持ちでオープンプロキシを利用しないでください。

匿名プロキシサーバーで匿名になれるのか?

その3 Torブラウザを利用する

Torブラウザを利用すると誰でも簡単にIPアドレスを隠してインターネットへ接続する事ができます。

Torブラウザを利用するデメリットは通信速度が非常に遅い点です。そしてSSHなどTorブラウザを介さない通信はTorでIPアドレスを隠す事ができません。

またTorの出口ノードのIPアドレスは公開されていますので、この情報をもとにTorを遮断しているネットワークもあります。

参考 Tor Exit Listtor project

Torはメッセージのやり取り程度なら問題ないのですが、通常のインターネット利用では通信速度が遅すぎて非現実的です。

そしてTorの出口ノードはNSAが運営している事が多く、ほぼすべての通信は監視対象になっています。

その4 無料VPNを利用する

筑波大学が公開している無料VPNをご存じの方も多いかと思います。

このプロジェクトが公開しているVPNサーバーは誰でも無料で利用できますし筑波大学が運営しているので安心です。

注意点として、筑波大学のVPNサーバーにはあなたのIPアドレスとすべての行動履歴が保存されるので、外部から情報開示命令が出されるとIPアドレスや行動履歴はすべて提供されます。

以前、ある詐欺グループが筑波大学のVPNを利用してネット詐欺をはたらいた際、IPアドレスから筑波大学のVPNサーバーが調査され、その結果犯人が警察に逮捕されました。

参考 筑波大学による公開VPNVPN Gate

その他にもたくさんの無料VPNサービスが存在しますが、それらの利用はおすすめしません。

無料VPNが危険なのは通信内容が盗聴されるだけでなく行動履歴などあなたの情報が外部に売却される可能性が極めて高いためです。

先日も無料VPNから個人情報が流出している事が確認され大きく報道されました。

無料VPNで保存されていないはずの個人情報が流出、被害者は2000万人以上!

無料のVPNサービスはプライバシーを侵害される恐れがあるので利用しないでください。

その5 おすすめの方法は匿名VPNを利用する事

vpncafeでおすすめするIPアドレスを隠す方法は匿名VPNを利用する事です。

匿名VPNサービスはあなたのプライバシーを完全に保護します。

VPNサービスで何ができるのか?

匿名VPNサービスはIPアドレスや通信履歴などあなたのプライバシーに関わるログを一切保持しません。

もしも警察など捜査機関があなたの情報を開示するように匿名VPNサービスへ命令を出しても決してあなたの情報が漏れる事はありません。

匿名VPNのノーログポリシーは信用できるか

そして魅力的なのは通信速度が比較的速い点です。Torと比べるとその速度の差に驚くはずです。

また、Torのような通信制限がないのでWEB通信でもSSHでもtelnetでもどんな通信でもすべて匿名VPNサービスによりIPアドレスを隠す事ができます。

匿名VPNサービスとは、その名の通りインターネットを匿名で利用するためのサービスです。

「インターネットは匿名ではない」というのは幻想で実際には完全に匿名で利用する事が可能です。

最高のノーログVPN3選!安心して利用できる匿名VPN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です