Surfshark VPNの登録方法からソフトウェアのインストール・使い方を徹底解説

最近人気のあるSurfshark VPNの登録方法からソフトウェアのインストール・設定、使い方を詳しく解説します。

Surfshark VPNは2018年に設立された新しいVPNサービスで、手頃な価格で利用できる匿名VPNとして魅力的なサービスです。

Surfshark VPNを登録して使い始めるまので流れ

Surfshark VPNの登録はとても簡単です。まずは全体的な流れをご覧ください。

Surfshark VPNのプランを選択する

今回は1ヶ月プランを選択してみました。

アカウントを作成する
Surfshark Oneを利用する場合は有効化する

オプションでウイルスやマルウェアから保護する機能を追加する事ができます。

支払い方法を選択する

クレジットカードが承認されない場合はPaypalでのお支払いがおすすめです

VPNソフトウェアをインストールする

アカウントパスワードの設定を済ませるとVPNソフトウエアのダウンロードができるようになります。

Surfshark VPNで世界中とつながる!

インストールと設定を終えたらSurfshark VPNを利用してインターネットに接続します。

Surfshark VPNのプランを選択する

まず最初にSurfshark VPNの公式サイトへアクセスしてプランを選択します。

画面からプランを選択します。最もお得なのは2年プランです。月あたり273円です。

2年プランがお得です

アカウントを作成する

Surfshark VPNのアカウントがない場合はメールアドレスを入力してアカウントを作成します。

支払い方法の選択をする

次に支払い方法の選択をします。

注意
Surfshark VPNは海外サービスのためクレジットカードの承認が下りない場合があります。そのような場合はPayPalか仮想通貨での支払いをお勧めします。

今回はPayPalでの支払いを選択しました。

プロファイルの更新

Paypalでの支払を進めていたところ、プロファイルの更新という画面が表示されました。「次へ」をクリックして進めます。

「次へ」をクリックすると以下ようにエラー画面が表示され、住所氏名などを入力する画面が表示されました。指示に従い入力を進めます。

すべての項目を入力して「次へ」をクリックすると注文内容の確認画面が表示されます。この時点ではまだ購入が済んでいませんので「今すぐ購入する」をクリックします。

「今すぐ購入する」をクリックすると支払いが進み、問題なく購入できると画面が切り替わります。引き続き「Continue to your Surfshark account」をクリックします。

ソフトウエアのインストール

ソフトウエアをダウンロードする前にパスワードを作成し設定します。さきほどの「 Continue to your Surfshark account」をクリック するとパスワードを作成する画面に移ります。

アカウントのパスワード設定

パスワード要件に従ってパスワードを入力します。

パスワード要件に合ったパスワードを入力すると次のように「パスワードを作成」ボタンが有効化されるのでクリックします。

「パスワードを作成」ボタンをクリックすると以下のような画面が表示されるので「完了」ボタンをクリックします。

ソフトウエアのダウンロード

パスワードを作成すると次のような画面が表示されます。1ヶ月プランを選択した場合は割高になるため、ここで1年プランに変更できます。

必要なければ「割引をスキップする」をクリックして進めます。

ダウンロード前に簡単なチュートリアルのような画面を見たい場合は「はい、始める前に情報が欲しいです。」を選択します。ここは大した情報はないので「いいえ」を選択して「続行」ボタンをクリックして問題ありません。

ダウンロード

ようやくダウンロード画面にたどり着きました。ご自身の環境に合ったソフトウエアをダウンロードしてください。今回はWindows用のデスクトップアプリをダウンロードします。

自分の環境に合ったソフトウエアをダウンロードする

VPNソフトウエアのインストールと接続方法

インストールは難しくありません。ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックするだけです。

インストールが無事に完了するとソフトウエアが自動的に起動します。EmailとPasswordを入力して「Log in」ボタンをクリックします。

初回ログイン時、次のような画面が表示されます。ここは右上の×ボタンをクリックして閉じて問題ありません。

トップ画面はこのようになっています。

「Fastest server」を選択してConnectをクリックしてみてください。次のように「Connected」と表示されれば無事VPN接続できています。

最も速度の速い接続

接続方法の選択

Surfshark VPNはLocation、Static IP、MultiHopという3つの接続方法があります。

通常はLocationから「Fastest server」を選べば最も快適にVPNを利用できます。

もしも固定IPを使いたい場合はStatic IPを選択します。FWで送信元を絞りたいときなど、IPアドレスを固定する必要がある場合に利用します。

固定IP接続を利用する

2つのVPNサーバーを経由させたい場合は MultiHop を選択します。これはISPに残るあなたのIPアドレスと最終的な接続先のIPアドレスを変える事で匿名性と高める機能です。

この価格帯でMultiHop機能を付けているのは驚きです。

マルチホップ接続を利用する

VPNソフトウエアの設定

一通り接続できる事を確認したら、次に設定を行います。画面左下の「Settings」をクリックします。

まずは画面を日本語化しましょう。設定画面を下にスクロールすると「Application language」という項目があるので、ここから日本語を選択します。

アプリ画面を日本語化する

では、ここから重要な設定をおこなっていきます。日本語化した画面に「接続性」という項目がありますからクリックしてください。赤枠の箇所です。

自動接続を有効化する

VPNの接続忘れを防ぐ場合は「自動接続」を有効化します。匿名性を高めるため常にVPN接続したい場合は必須です。

自動接続を有効化する

KILL Switch有効化する

KILL SwitchとはVPN接続していない状態でインターネットへ接続する事を防ぐ機能です。

KILL Switchを有効化する

注意点として、VPN接続していない場合は一切インターネットへ接続できなくなります。そのため次のような確認画面が表示されます。

KILL Switchを有効化する

KILL Switchを有効にした状態でVPN接続をしていないと次のようにインターネット接続が切断された旨のメッセージが表示されます。

KILL Switchを有効にした状態でVPNしないとインターネットへ接続できない

スプリットトンネルを使う

スプリットトンネルとは、VPN接続する通信とVPN接続しない通信を同時に利用する機能です。

たとえばVPN接続しながらDropboxはVPN経由せず直接インターネットにつなぎたい、といった使い方ができます。

スプリットトンネルを使うには「Whitelister」クリックします。

設定方法は次ように3つあります。

  1. アプリ – VPN経由のルート
  2. アプリ – VPNをバイパスする
  3. WEBサイト/IPアドレス – VPNをバイパスする
アプリ – VPN経由のルート

特定のアプリだけVPN経由で利用し、それ以外はインターネットへ直接接続する場合に使います。

アプリ – VPNをバイパスする

特定のアプリだけインターネットへ直接接続し、その他の通信はすべてVPN経由で利用する場合に使います。

WEBサイト/IPアドレス – VPNをバイパスする

特定のWEBサイトあるいはIPアドレスへ接続する場合にインターネットへ直接接続し、その他の通信はすべてVPN経由で利用する場合に使います。

動画視聴について

日本のNetflix、Amazon Prime Video、Huluを試してみました。

結果として、日本のNetflixは視聴できませんでしたが、 Amazon Prime VideoとHuluは視聴可能でした。

海外から日本のNetflixを視聴する目的では今のところご利用頂けませんので注意してください。

まとめ

イギリスバージン諸島で運営されており、キルスイッチやマルチホップ接続に対応しているため匿名VPNとして求められる要件はすべて備えています。

それでいてこの価格でサービスを提供できるのは驚きです。

動画視聴についてはNetflixに対応していない点が残念ですが、動画視聴を目的とする方はExpressVPNを選択する傾向が高いため純粋に手頃な価格で手に入る匿名VPNという点を評価したいと思います。

2018年に設立された新しいVPNサービスですが、これからの躍進に期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)