NordVPNをChromeで使うには?Edgeも合わせて解説!

VPNアプリを起動させることなくVPN接続したい場合がありますよね。たとえば海外からNetflixを見たい場合などはWEBブラウザでVPN接続できると便利です。

NordVPNならばChromeやEdge向けに拡張機能(アドオン)を提供しているのでWEBブラウザで簡単にVPN接続ができます。

まだNordVPNのアカウントを持っていない方は、公式サイトに行ってアカウントを作成しておいてください。NordVPNには30日間の返金保証制度があるので気軽に始めることができます。

WEBブラウザでNordVPNの拡張機能をインストールする方法

Google Chromeの場合

Chromeでウェブストアにアクセスし、検索欄に「nordvpn」と入力するとNordVPNの拡張機能が表示されるのでクリックします。

[Chromeに追加]をクリックしてインストールします。

確認のための画面がポップアップするので[拡張機能を追加]をクリックします。

インストールが完了したら拡張機能のアイコンをクリックすることによってVPN接続ができるようになります。

Microsoft Edgeの場合

Edgeの[拡張機能]をクリックします。

「Microsoft Edge Add-ons ウェブサイトを開く」をクリックします。

検索欄に「nordvpn」と入力するとNordVPNのアドオンが表示されるので[インストール]をクリックします。

確認のための画面がポップアップするので[拡張機能の追加]をクリックします。

インストールが完了したらアドオンのアイコンをクリックすることによってVPN接続ができるようになります。

ChromeでNordVPNの拡張機能を使う方法

NordVPNの拡張機能をインストールしたら起動して使ってみましょう。アカウントがある方は[Login]をクリックしてください。アカウントがない方は公式サイトからアカウントを作成してください(30日間の返金保証があります)。

初めてログインするときは次のような画面が出るのでユーザー名とパスワードを入力してログインします。

ログインに成功すると、このように[Quick Connect]というボタンが表示されるのでクリックしてみましょう。

VPN接続に成功すると以下のような画面になり、日本のVPNサーバーに接続されたことが分かります。「156.146.35.67」というのは、あなたの新しいIPアドレスです。

NordVPNの拡張機能を使う場合の注意点

WEBブラウザの拡張機能は簡単にインストールできて実行も簡単なので使い方に迷う方は少ないでしょう。

しかし拡張機能を使う場合は次の3点に注意してください。

  1. キルスイッチは使えない
  2. DNSリークには未対応
  3. WEBブラウザを使わない通信は保護されない

「キルスイッチ」というのは万が一VPNが切断されてしまった場合にVPN接続を遮断する機能です。この機能がないとVPNが切断してしまった場合にVPNで保護されない状態でインターネットへ接続するため、本当のIPアドレスが露呈します。

また、DNSリークにも未対応です。DNSとはホスト名からIPアドレスを調べる機能のことで、DNSリークとはホスト名からIPアドレスを調べた際の記録からIPアドレスが露呈することを指します。

拡張機能を使ってVPN接続する際は、アプリを使う場合に比べて匿名性が低くなるので注意してください。

最後にTorrentのようにWEBブラウザを使わない通信はVPNで保護されないという点を知っておいてください。Nord VPNの拡張機能はWEBブラウザを使った通信のみ保護される点に注意してください。

匿名性を高めてVPN接続したい場合はWindowsやMac、Linuxで使えるNordVPNのアプリを使うようにしてください。

TRY NOW
  • 業界人気ナンバーワン
  • 高速回線と軍事レベルの暗号化技術
  • P2Pに最適化されたサーバーでTorrentも快適
  • 監査法人(PricewaterhouseCoopers)によりノーログポリシーが証明済み ※2018年、2020年に監査
  • 高い匿名性と使いやすさに定評あり

30日間無料 公式サイトに行く

リンク先:https://nordvpn.com

まずは無料お試し!30日間無料でお試しください

NordVPNは高速通信と軍事レベルの暗号化技術、匿名性の高さで人気ナンバーワン。VPNアプリケーションも使いやすく、海外での動画視聴やTorrentのファイル共有も高速で快適です。同時接続6台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

SurfShark VPNは2018年に誕生した新進気鋭のVPNサービス。低価格ながら高速通信と軍事レベルの暗号化技術、匿名性の高いMuliHop機能を搭載するなどコストパフォーマンスに優れた人気急上昇中のVPNサービスです。同時接続台数は無制限。

» 公式サイトへ » レビューを見る
アズポケット株式会社が運営するMillenVPNは高速通信と手厚い日本語サポートで人気の高いVPNサービスです。VPNアプリケーションも使いやすく、設定項目は豊富で、海外からの動画視聴やBitTorrentでのファイル交換も快適です。同時接続10台まで可能。
» 公式サイトを見る » レビューを見る

PIAは高速通信と使いやすいVPNアプリケーションで人気の匿名VPN。Torrentでのファイル共有も快適です。実証されたノーログポリシーにより、最高の匿名VPNのひとつとなっています。同時接続10台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

ExpressVPNは高速通信とセキュリティの高いVPNサービスを提供します。海外での動画視聴やTorrentのファイル共有も高速で快適です。軍事レベルの暗号化技術とセキュリティで匿名性も抜群。同時接続5台まで可能。

» 公式サイトへ » レビューを見る

AirVPNは『VPN over Tor』に対応した匿名性の高いVPN。VPN偽装機能も搭載しておりVPN検知を突破します。もちろんTorrent対応。他のVPNサービスとは一線を画した上級者向けの匿名VPNサービスです。同時接続3台まで可能。MoneroとDashでの支払いに対応しています。

» 公式サイトへ » レビューを見る
老舗プロバイダーのインターリンクが提供するVPNサービスです。最大で2ヶ月間無料、いつでも違約金なしで解約できて月額費用も1000円(税抜)とお手頃価格を実現しています。同時接続3台まで可能。
» 公式サイトを見る » レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)