匿名プロキシサーバーで匿名になれるのか?

匿名化に興味がある方であれば匿名プロキシという言葉を聞いた事があると思います。

最近ではドラマや映画でも匿名プロキシという言葉を見聞きする機会が増えたような気がします。

それでは、プロキシサーバーによって匿名になる事ができるのか?解説します。

プロキシサーバーとは

プロキシサーバーには「フォーワードプロキシ」と「リバースプロキシ」の2種類が存在します。

フォーワードプロキシ

普段皆さんがプロキシというと、このフォーワードプロキシを指します。

フォーワードプロキシとは会社や企業などの内部ネットワークとインターネットの境目に設置されているサーバーで、内部ユーザーの接続を中継するサーバーです。

なぜ中継する必要があるのかというと誰がいつどのサイトに接続したのか記録し、必要であれば許可しないサイトへの接続を遮断するためです。

HTTPSであれば暗号化されているので大丈夫だろうと思いがちですが、HTTPSであってもどこへ接続しているのかログに残りますし、やろうと思えば通信内容を見る事もできます。

だから学校や会社でネットサーフィンするときは管理者にすべて筒抜けだと思ってください。

リバースプロキシ

リバースプロキシはフォーワードプロキシの逆です。

インターネットから入ってくる通信を内部ネットワークに中継します。

なぜ中継するのかというと不特定多数の人が使っているインターネットから直接内部のサーバーと通信させたくないからです。

あなたはなぜ匿名プロキシで通信できるのか?

匿名プロキシとして知られているサーバーはあなたに匿名性を提供するために存在しているわけではありません。

通常、あなたは匿名プロキシを利用できないはずなのです。

ではなぜ匿名プロキシを利用して通信できるのか?その理由は以下のどちらかです。

  1. プロキシサーバーの設定ミス
  2. 意図的に誰でも利用できるようにしている

プロキシサーバーの設定ミス

プロキシサーバーを設定する際、通常であれば送信元の制限を行います。

学校や会社であれば生徒や社員が利用しているパソコンから許可します。

しかし設定ミスにより送信元が制限されていない場合は誰でも匿名プロキシとして利用できます。

ただし、匿名プロキシといっても管理者が意図していない動作であるため警察などからログの提供を依頼されれば簡単に応じますから身元は簡単にバレてしまいます。

意図的に誰でも利用できるようにしている

実はこの理由が一番多い事をご存知でしょうか。

世の中には色々な人がいて、意図的に誰でも利用できるプロキシサーバーを公開している事があります。

皆のためにプロキシサーバーを設定して公開している優しい人でしょうか?いえ違います。

多くの場合、その理由は通信の盗聴です。

匿名プロキシを利用する場合、通信内容はすべて見られていると思った方が良いでしょう。そして警察などからログの提供を依頼されれば簡単に応じます。

なぜならば、犯罪性の高い通信であった場合にログを提供しないと自分が逮捕されかねないからです。そして警察にはプロキシサーバーの設定を間違えていたなど適当な理由を言って通信を盗聴していた事を隠すでしょう。

まとめ:匿名プロキシは利用しない

匿名プロキシは全然匿名でない上に通信内容を盗聴されている恐れがあるので利用は控えた方が良いでしょう。

インターネットで本格的に身元を隠し真の匿名性を手にいれるのであれば匿名VPNの利用が簡単確実な方法です。

匿名性に興味がある方は匿名VPNの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

本サイトでは高い匿名性を確保できる優良なVPNサービスを多数ご紹介していますから、レビュー記事など是非ご覧ください。

おすすめVPN比較!NordVPN vs ExpressVPN vs AirVPN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です